確実に痩せる方法ドットコムTOP > 確実に痩せるダイエットとは? > すぐやせる方法とコツ

すぐ痩せる方法について

すぐやせる方法・ダイエット法には、2種類があります。

  • 極端な食事制限
  • 水分の排出

短期間でダイエットする方法というと、誰もが食事制限を思い浮かべることと思います。摂取エネルギーを消費エネルギーより落とせば、体脂肪がエネルギー源として使われるからですね。この方法は賛否両論がありますが、食事制限だけに頼ってダイエットすると、リバウンドが起こりやすいといえます。これについては、後半で詳しく解説していきます。

水分を少なくする方法

そのほか、すぐやせる方法として、体から水分を出す方法があります。
サウナに行って、出たり入ったりを繰り返していると、汗がどんどん排出されるので、そのぶん体重がすぐに減少します。ただし単に水分が出ただけですから、水分を補給すれば、すぐまたもとに戻ります。

この方法は水抜きダイエットといわれ、ボディービルダーやボクサーが減量によく使う手です。つまり最後の奥の手であり、これを平常のダイエット方法として習慣にすることは危険といえます。サウナスーツを着込んで、ひらすら汗をかく方法もどうかと思います。すぐやせる方法を探しているからといって、水分を出した状態で長くいると、血液がどろどろになります。そうなると、血栓が出来て、心筋梗塞や脳梗塞の原因となるのです。

すでに脂質異常症(高脂血症)や高血糖の人は、すぐに血液がどろどろになり、血栓症の危険はさらに高まります。一般的にダイエットにおいては、むしろ水分を多く摂ることが推奨されています。そのほうが腎臓のDITが活発になって、その分消費エネルギーが上がりますし、細胞のエネルギー代謝が活発になるからですね。水のみダイエットという方法がありますが、1日2リットルくらい飲みます。そのほかのダイエットでも、1日2リットルの水分補給を取り入れている場合が多いです。

エステで体をマッサージしていると、一時的に体重が減少して、すぐやせますが、これも同様の原理です。エステの部屋には空調が効いていて、暑いため、汗をかいて体重がすぐに減るのです。そのため、エステのリンパマッサージなどを、すぐやせる方法と勘違いする人が出てくるわけですね。

そのほか見た感じ、すぐにやせる方法はあります。
それは体のむくみをとることです。これなら食事で塩分を控えることによって、すぐ実現できます。人によっては数キロ減るかもしれません。塩分を控えると、細胞の浸透圧が変わって、細胞が水分を抱え込まなくなるのです。

そのほか細胞内のナトリウムを排出して、むくみを解消するには、果物や野菜からカリウムを摂取することも有効です。私はケールの青汁を愛飲していますが、ケールにもカリウムが含まれていて、おすすめです。

すぐやせる方法の問題点と対策法

このように、すぐやせる方法となると、限られてきます。
すぐ痩せたいということは、何か目標があって、短期間でスリムになりたいということだと思います。好きな人に認められたいとか、大きなイベントまでにやせたい、たんに美容のためなど、人それぞれの目的があります。

ただし食事制限によって、すぐに痩せることはできるのですが、中・長期的に見ると、リバウンドの危険が潜んでいるといえます。これを回避するには、食事制限に運動をプラスすることをオススメします。

個人的には、摂取エネルギーを基礎代謝量以下にすることには反対です。
しかし、すぐやせる方法を探している人は、それなりの緊急の目的があるのだと思います。

マイクロダイエットやグローバルダイエット、ヒルズダイエット、リエータ、オルビス・プチシェイク、パーフェクトボディ、DHCプロテインダイエットなど、カロリー置き換えダイエットに人気が集まっています。これらは、ただ飲むだけという簡単で確実に痩せる方法です。そのほか低炭水化物ダイエット(ローカーボダイエット)やケトン体ダイエット〈アトキンス式)、ハリウッド・ミラクルダイエット(プチ断食・ファスティング)などもあります。

こういったダイエット食品は、摂取エネルギーを消費エネルギーよりも抑えるわけですから、すぐ痩せる方法といえますね。ただし、お金をかけなくても、同様のことはできるはずです。こういったすぐ痩せる方法であるダイエット食品の問題点を挙げてみます。

  • 値段が高い
  • 栄養バランスが取れていない
  • 筋肉が減る
  • 味気ない

値段が高い

低カロリーダイエット食品は、まず値段が高いです。
こういった方法は、まさか一生続けないですよね?目標体重を達成するまで、続ける人がほとんどだと思います。もし続ける人がいても、一部のセレブでリッチなお嬢様だけでしょう。これは高額なエステでも言えることです。

じつは、そんなにお金をかけなくても、すぐ痩せる方法やメニューは、自分で作ることが出来ます。たとえば野菜ジュース。あるいは玄米。こういった食材・食品は、ビタミンやミネラルがバランスよく凝縮されていますから、マイクロダイエットのような効果が期待できるのです。一品だけにするのではなく、そのほかの食材を加えれば、なおいいでしょう。

私の場合でいうと、毎朝、毎晩ケールの青汁を牛乳に入れて飲んでいます。
ケール牛乳というわけです。ケールにはビタミン・ミネラル・食物繊維など、あらゆる栄養素が含まれています。抗酸化物質などのファイトケミカルも多いです。牛乳にはタンパク質や脂質も含まれています。この組み合わせに、少量の糖質(チョコレートのかけらなど)を追加すれば、栄養バランスは満点ではないでしょうか?

栄養バランスが取れていない

マイクロダイエットなどのカロリー置き換え食品は、栄養バランスのよさを謳っていますが、私は必須脂肪酸が欠けていると感じています。

脂肪というと、どうしても太る原因というイメージがあるのかもしれません。
しかしコレステロールは、性ホルモンや副腎皮質ホルモンの原料となったり、脳神経線維やビタミンD、細胞膜などの材料になります。

ただし摂りすぎると、血液中に中性脂肪や悪玉コレステロール(LDL)が増える危険があります。脂質異常は動脈硬化を招き、やがて血栓症から心筋梗塞や脳卒中に発展していくからです。動物性脂肪である飽和脂肪酸の摂りすぎ、さらにn-6系の多価不飽和脂肪酸の摂りすぎは、心臓病やアレルギーの原因ともなるので要注意です。

これは脂肪を摂りすぎる場合のリスクです。摂り過ぎさえしなければ、体にとって大事な栄養素なのです。要するに諸刃の剣というわけですね。

ですから、すぐやせる方法としてグローバルダイエットなどを始めるのなら、脂肪も同時に摂ったらよいと思います。たとえば一価不飽和脂肪酸のオレイン酸が含まれているアーモンドやナッツ類を食べるとよいでしょう。あるいはゴマには多価不飽和脂肪酸などが含まれていて、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らす効果があります。

牛乳には中鎖脂肪酸や共役リノール酸が含まれているので、前述のケール牛乳はオススメです。これらは脂肪を減らすととともに、筋肉を増量する効果があります。共役リノール酸は、ボディービルダーが注目しているほどなのです。

筋肉が減る

さて、低炭水化物ダイエットやヒルズダイエットなどの「すぐやせる方法」を実践する場合の問題点として、運動不足があります。食事制限だけで体重を落とすことは可能ですが、脂肪と筋肉の両方が落ちていることに気づきましょう。これは長い目で見ると、リバウンドしてしまう原因になります。

ですからカロリー置き換え食品などで食事制限をするのなら、同時に筋力トレーニングや有酸素運動を行いましょう。そうすれば筋肉の減少を食い止めることができます。ただ筋肉の増加は見込めないかもしれません。ボディビルダーはプロテイン(タンパク質)摂取するときに、同時に糖質(ぶどう糖)を摂ります。つまり糖質を極端に制限すると、筋肉が増量しないかもしれないということ。

でも筋肉をムキムキにしたくない女性にとっては、これは都合がいいかもしれませんね。筋肉の減少を食い止めさえすればよいからです。ただ、あまりに無茶なダイエット法は、すぐやせる方法ではあっても、健康を害する危険がでてきますので、注意してくださいね。たとえば拒食症や過食症といった摂食障害。あるいは生理不順、骨粗鬆症、うつ病などの危険があるので、無理なダイエットは避けた方が賢明です。